Art Spot Korin

京都祇園古門前にある小さなギャラリーです。どうぞお気軽にお立寄りください。

髙野千聖 展「無いグラム」2019年 9月 3日(火)〜15日(日) 15:00〜19:00(最終日18:00迄) 月曜日休廊*終了しました

ご高覧頂きました皆様に心から感謝です。ありがとうございました。

無いグラム

髙野 千聖 / Chisato Takano

2019 9 3()15()
15:00
19:00(最終日18:00迄)
月曜日休廊

作品
題名「ハカり知れ無いハカりもの」
建築資材、既製品などでインスタレーションや立体を制作。
私は左官の家で生まれ、建築資材やさまざまな材料に囲まれた環境に育った。
幼い頃からそれらで遊んでいた。これが私のバックボーンであり作品の元となっている。

「ハカり知れ無いハカりもの」は天秤をモチーフにした作品。
本来、天秤はどちらかに傾いているかを見るものである。
しかし、この天秤は全く傾いていない上に片割れである。
それはこの「得体の知れない球はハカることが不可能である。」ということ。
そして「片割れであるからこそもう片方の天秤が存在できる。」ということを試みた。

ステートメント:
向田邦子原作の映画「阿修羅のごとく」を観た。
今生きてる世界と照らし合わせて考えた事は人は大なり小なり天秤にかけていること。
でも、それは「どちらに傾いてるかどうか。(重いとか軽いとか。)」という問題よりも、計り方が重要だ。
その傾きは時代によって変動する場合がある。
また、人は時に、底知れないモノも天秤にかけてしまう。

 

プロフィール
髙野 千聖  1998年生まれ
大阪出身

2017年 大阪府立港南造形高等学校 卒業
2019年 近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻 在学中

2018年 「生駒祭」 学内展示
2018年 「stage」 個展 アカデミックシアター内展示
2019年 「東京インディペンデント2019」 出展

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 8月 26, 2019 投稿者: カテゴリー: アーティスト情報

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。