Art Spot Korin

京都祇園古門前にある小さなギャラリーです。どうぞお気軽にお立寄りください。

Christian Psyk/ Kaname Matsumura/ Joseph Calleja/ K. Kough「11 PEDESTALS, 11 WALLS, by 11 ARTISTS  -1st period-」6月5日(火)  – 7月1日(日) 15:00-19:00(日曜日 ~18:00・月曜日休廊)*終了しました

ご高覧頂きました皆様に心から感謝です。ありがとうございました。

11 PEDESTALS, 11 WALLS, by 11 ARTISTS  -1st period-

Christian Psyk / Kaname Matsumura/ Joseph Calleja / K. Kough

( LOCALSHIP 川中政宏 )

6月5日(火)  – 7月1日(日)

15:00-19:00(日曜日 ~18:00・月曜日休廊)

[各作家の展示期間]

Christian Psyk (Germany)  6月5日(火) ー 10日(日)

Kaname Matsumura (Japan)  6月12日(火) ー 17日(日)

Joseph Calleja (Scotland)  6月19日(火) ー 24日(日)

K. Kough (Japan)  6月26日(火) ー 7月1日(日)

 

作品 
“one of the way to keep the our art”

作家活動だけで生活出来ているアーティストは稀であり、
その大多数は生活する上でのメインの仕事を持っています。
その合間で制作、発表を行なっているケースがほとんどです。
これは海外のアーティストにとっても、同じ事が言えると思います。

我々の世代は、仕事や生活環境などが変わる年代に差し掛かり、
段々と自身の表現に割ける時間が持てなくなってきている様に感じます。
以前は頻繁に交換展等を行い、お互いの国を行き来する事も出来ていましたが、
それも困難な状況になり、私たちが作った関係は薄れていきつつもあります。

そのような状況においてグループ展は、その関係を保ち、
お互いコミニケーションを取る事の出来る役割の1つを果たしてくれるものとなります。

小作品を送るだけなら海外での発表もそう難しくはありません。
グループ展は参加する作家にとっても、観覧する側の人達にとっても、
たくさんの作品やそのアイデアを一度に見て楽しむ事が出来ます。
しかしその一方で、グループ展は作家側にとっても観覧者側にとっても、緊張感に欠ける部分もあると思います。
特に観覧する側の立場がそうである様に感じます。

その様な想いの中、何か別の形での展覧会の方法はないかと我々は模索しました。

この企画はグループ展の要素と個展の要素を含みます。
個としての緊張感を持ちつつ、全としての楽しみを味わえる 展覧会を目指したものです。
観覧者には非常に観覧し辛い日程となっておりますが、楽しんでいただけると幸いです。

展示規定:
一階展示室では1つの彫刻台を必ず使用する。
二階展示室ではメインの壁を必ず使用する。
双方の作品は、お互い何かしらの関係性を持つ。

LOCALSHIP 川中政宏

 

展示作家

■Christian Psyk (Germany) 6月5日 ー 10日
http://www.christianpsyk.de/

■Kaname Matsumura (Japan) 6月12日 ー 17日
https://artspotkorin.wordpress.com/%E6%9D%BE%E6%9D%91-%E8%A6%81-%E5%B1%95-4/

■Joseph Calleja (Scotland) 6月19日 ー 24日
http://www.josephcalleja.co.uk/

■K. Kough (Japan) 6月26日 ー 7月1日
https://m.facebook.com/ KKough-461315564007268/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 6月 1, 2018 投稿者: カテゴリー: アーティスト情報

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。