Art Spot Korin

京都祇園古門前にオープンした小さなギャラリーです。どうぞお気軽にお立寄りください。

井上 由美/大江 芹香/河村 知恵/小北 光浩/天牛 美矢子/中川 裕孝/本田 昌史/村上 恵「縫 TEXTILE EXHIBITION」2017年12月5日(火)~ 17日(日) 火~金曜日15時~19時 土/日曜日13時~19時 最終日18時まで 月曜休廊※終了しました

ご高覧頂きました皆様に心から感謝です。ありがとうございました。

縫 TEXTILE EXHIBITION

2017年12月5日(火)~ 17日(日)

火~金曜日:15時~19時

土・日曜日:13時~19時

最終日18時まで

月曜休廊

作家 

井上 由美

大江 芹香

河村 知恵

小北 光浩

天牛 美矢子

中川 裕孝

本田 昌史

村上 恵

作品 

「暮らしの中のアバンギャルド・アート」

京都精華大学芸術学部テキスタイルコース・中川ゼミが企画した、過去2回の「ステッチ展」「縫い展」の第三弾をここに紹介する。

京都精華大学のテキスタイルコースの卒業生、教員。そして他大学からの出展者を含め16作家が参加する。

縫い針、刺繍針などの針類やミシンを道具として、糸、紐、衣類を素材として作られる線、面を構成する作品群に加え、針を用いるニードルワークや縫い、刺し、かがり、まつり、編み、結び、組みなどが含まれる。

ろう染めや型染めのような絵画的、版画的な方法論ではなく、物質と物質を結びつけ重ね合わせる事で、あらたなイメージを創出するコラージュ的な方法と言えよう。

染め織りを基本とするテキスタイルの領域では、前衛的な表現のひとつとも言えるが、縫いの方法論は、暮らしの中の日常的な行為、例えばミシンがけなどから生まれる、私たちの生活に馴染んだ身近な手法である。

しかし、伝統的な染め織りでないということが、決して前衛的な表現を生み出すとは限らない。要は作品内容の問題であり、コンセプトとインパクトをどう考え、新しい価値を生み出せるかが課題となる。

これらをクリアすることからテキスタイルのアバンギャルド・アートが生まれるのではないだろうか。

新たな「縫い」の展開に期待が膨らむ。見たこともない表現に出会いたい。

キュレーター/美術評論家

加藤義夫

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 11月 30, 2017 投稿者: カテゴリー: アーティスト情報

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。