Art Spot Korin

京都祇園古門前にオープンした小さなギャラリーです。どうぞお気軽にお立寄りください。

松村 要/川中 政宏

spotlights of korin

松村 要/Kaname Matsumura
川中 政宏/Masahiro Kawanaka

2016年2月23日(火)~3月13日(日)

dmkorin.jpg

松村 要

12347859_1729063497316564_1266724518435381829_n10418990_1729063557316558_3302664194772185035_n8275_1729063623983218_6787225923559544791_n944002_1729063693983211_5521076056500581959_n12802712_1729063827316531_1871153765959538319_n11181209_1729063890649858_6955959700421635626_n12366328_1729063987316515_7571924674261830966_n1557685_1729063863983194_7188195021705643583_n12871493_1729064397316474_3013622804750317917_n6909_1729064043983176_3684687216725898548_n12439299_1729064193983161_9173098154199805065_n

Neurotransmitters(神経伝達物質)

有名人が次々と覚醒剤で捕まります。覚醒剤は脳内のドーパミンを増幅させ、幸福感をもたらします。満場の喝采によって脳にドーパミンは充満し、高揚感をもたらします。その時味わった至福は他の事では得られません。あの栄光をもう一度とがんばる人もいますが、容易ではないようです。

有名でない人達もスポーツの爽快感、美味しい物の充実感、友人とおしゃべりする楽しさは知っています。これらも脳内のドーパミンが増加する事によるとされています。幸福とは何かという問いへの答えは無数にありますが、結局は脳内のドーパミンを増加させる事、という事になります。
ドーパミンなどの神経伝達物質は神経線維の切れ目にあるシナプスの間を浮遊します。その状態をPET画像で観察する事が可能であり、放射線科医はパーキンソン病、認知症、分裂病、うつ病などの診断をしています。

機会ではなく自分のイマジネーションで神経伝達物質を描く事は作家の自由です。描く事によって幸福を得ようとする事は覚醒剤を使うよりも面倒ですが、捕まる事はありません。そして、もし見ていただく方の共感を得る事ができれば、それは決して覚醒剤では得られない喜びです。

 

川中 政宏

1098281_1729066977316216_1149072963616915093_n

12472595_1729067467316167_5971374575738743269_n12108753_1729067347316179_1259102236745419359_n1934605_1729067553982825_4735280005199516513_n1915382_1729067613982819_5311759054830321741_n  12042636_1729067693982811_4563696361407429986_n10455360_1729067667316147_7184311521983744105_n    12512352_1729067717316142_3328459545054656623_n

音の時差と余韻

オーディオカセットテープには、時間・距離・速さがある。

オーディオテープが切れてしまい、音の粉が飛び散ってしまった。

それは数秒程の音だったのかもしれないが、
その数秒の音が舞い落ちるまでに、数秒では足りなかった。

それはとても不思議な感覚でした。

私はその時、音と実際の時間には時差があるのだと感じました。

この音の時差が作り出す歪んだ感覚は、
「余韻」という物なのかもしれない。

よいん

○音の消えたあとまで残るひびき。余音。 「―が残る」
○事が終わったあとに残る風情。 「―を味わう」
○詩文などで言外に感じさせる趣や情緒。余情。 「―をもたせた表現」

素材: オーディオテープ、砂時計

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。